【キッカー】初心者向けグラブ

グラブとは

グラブ(grab)とは、元々スケートボードで使用されていた用語で、ジャンプしたときに空中で板を掴むことを指します。
ストレートエアに慣れてきたら挑戦してみましょう。

空中で板を掴むためには、板を引き付け、身体をコンパクトにしなければいけません。
慣れてくると、グラブをする方が空中で安定するようになります。身体を小さくし、板を掴むことで安定感が増します。

グラブは人それぞれ癖や滑走姿勢によって得意不得意があります。
ストレートエアで重心が少しヒール側(かかと側)にある方が跳びやすい人は、まずはインディーグラブを練習してみてください。
逆に重心が少しトゥ側(つま先側)にある方が跳びやすい人は、まずはメランコリーグラブを練習してみてください。
フラットで跳ぶ人は両手で板を掴むダブルグラブをすると、より安定するかもしれません。

 

インディーとは

インディーは基本中の基本と呼ばれているグラブです。
進行方向の山側の手で板のトゥ側(つま先側)を掴む技です。
初めてグラブに挑戦する人は、インディーグラブから始めることをオススメします。

インディーのコツ

  • 手をボードに近づけるのではなく、ボードを手に近づけることを意識する。
  • 両膝をしっかり身体に引きつける。
  • 跳んでからグラブする。

インディー HowTo動画

インディー HowTo動画 女子向け

 

メランコリーとは

メランコリーも基本のグラブです。
メランコリーは進行方向側の手で板のヒール側(かかと側)を掴む技です。
インディーグラブの方が得意な人にとってはバランスを崩しやすく、初めは練習が必要になる技です。

メランコリーのコツ

  • 手をボードに近づけるのではなく、ボードを手に近づけることを意識する。
  • 両膝をしっかり身体に引きつける。
  • 跳んでからグラブする。
  • 後ろ足のかかとを掴むことを意識する。

メランコリー HowTo動画

メランコリー HowTo動画 女子向け

 

ミュートとは

ミュートは進行方向側の手で板のトゥ側(つま先側)を掴む技です。
インディーグラブができるようになったら挑戦してみましょう。
動画ではシフティ(90度ひねる技)と同時にグラブをしていますが、最初はシフティをせずにグラブしてみてください。

ミュートのコツ

  • 手をボードに近づけるのではなく、ボードを手に近づけることを意識する。
  • 両膝をしっかり身体に引きつける。
  • 跳んでからグラブする。
  • 後ろ側の腕を引き上げることで進行方向側の肩が下がり、グラブ位置まで手が届き易くなる。

ミュート HowTo動画

ミュート HowTo動画 女子向け

 

ステイルフィッシュとは

ステイルフィッシュは山側の手で板のヒール側(かかと側)を掴む技です。
メランコリーグラブができるようになったら挑戦してみましょう。
動画ではシフティ(90度ひねる技)と同時にグラブをしていますが、最初はシフティを意識せずにグラブしてみてください。

ステイルフィッシュのコツ

  • 手をボードに近づけるのではなく、スノーボードを手に近づけることを意識する。
  • 両膝をしっかり身体に引きつける。
  • 跳んでからグラブする。
  • 前足のかかとを掴むことを意識する。

ステイルフィッシュ HowTo動画

ステイルフィッシュ HowTo動画 女子向け

 

ダブルグラブとは

両手で行うグラブをダブルグラブといいます。
ここでは簡単にできるダブルグラブを紹介します。
インディーとメランコリーのダブルグラブは意外と簡単にできます。インディーが出来るようになったら挑戦してみてください。
インディーとメランコリーのダブルグラブができたら、ミュートとステイルフィッシュを同時に行うダブルグラブにも挑戦してみてください。

ダブルグラブのコツ

  • 手をボードに近づけるのではなく、ボードを手に近づけることを意識する。
  • 両膝をしっかり身体に引きつける。
  • 跳んでからグラブする。
  • 両足の間をグラブすることを意識する。

ダブルグラブ(インディー&メランコリー) HowTo動画

ダブルグラブ(ミュート&ステイルフィッシュ) HowTo動画