【グラトリ】オーリー

オーリーとは

オーリーはグラトリ、キッカーの最も基本となるトリックです。

オーリーとはもともとスケートボードのトリックで、1980年代にパウエル・ペラルタのプロスケーター、アラン・ゲレファントが開発し彼のニックネームが名前の由来とされています。

ノーズ側(進行方向側)の体重をテール側(山側)に移動させることで、板の反発を使って高くとぶことができます。
ただジャンプするのではなく、板の反発を使ってテールで弾く必要があります。
 

練習の手順

  • 最初は板を付けずにその場でやってみる。
  • 板を付けてフラットなところでやってみる。
  • 緩い斜面で滑りながらやってみる。
  • 少しずつスピードを上げて滑りながらやってみる。

 

オーリーのコツ

  • まずはリフトに乗る前や降りた後のフラットなところで練習する。
  • テール側の脚を伸ばし切って跳ぶ。
  • ノーズ側の脚でしっかり溜めを作ることで高く跳ぶことができる。
  • 右脚の外側で踏み切る。

 

HowTo動画


 
オーリーができるようになったらノーリーにも挑戦してみましょう。
ノーリーのHowToはこちら⬇︎

【グラトリ】ノーリー

繰り返し動画を見て、滑りに行く前やリフトでイメトレして実際に挑戦してみることで上達します。
イメージを掴んだ後は、自分の滑りを撮ってもらって、動画と見比べて違いに気付くことが重要です。
「イメトレ→実践→自分の滑りをチェック→改善」を繰り返してできる技を増やしましょう!