【初心者向け】急斜面の滑り方

急斜面を滑るのは怖いし難しいですよね。
板のコントロールがうまくいかないし、止まらなくて怖い思いをした人も多いはずです。
この記事では、急斜面を滑るコツやHowTo動画を紹介します。

急斜面を滑るときのコツ

  • 後傾にならないように前足重心を意識する。
  • スピードを制御するためにターンを長くする。(横方向に滑ることを意識する)
  • 斜面で滑りやすいところを選ぶ。

 

後傾にならないように前足重心を意識する

どうしても初めて急斜面に挑戦すると、怖がってしまい身体が後傾になってしまいます。
後傾になると重心もずれてしまうので、緩斜面のように思うようにターンが出来ない原因になります。
急斜面だからこそ、前足でボードを踏むことを意識しましょう。
前足でボードを踏むために、上半身を進行方向へ軽くかぶせることで斜面に体の軸を合わせることができます。
最初は進行方向に身体を倒すのが怖くて難しいですが、慣れれば急斜面でも安定してターンすることができるようになります。

スピードを制御するためにターンを長くする

急斜面ではどうしてもスピードが出てしまいます。
スピードを制御するためには、短いショートターンではなく横移動を長くしたロングターンをすることが大切です。
ターンした後に横移動すればスピードは遅くなります。
「スピードが遅くなったらターン➡︎横移動➡︎スピードが遅くなったらターン」を繰り返すことでスピードを制御しながら急斜面を滑ることができます。

滑りやすいところを選ぶ

また、滑る場所を選ぶことも重要です。
同じ急斜面でも、柔らかい部分やボコボコしていない部分があります。
比較的に斜面の端の方が柔からくて滑りやすいことが多いです。
ぼこぼこしていないところや柔らかいところに移動してターンするようにしましょう。

 

急斜面の滑り方 HowTo動画